苦情解決の取組み
平成26年度は、各事業の責任者が受付の窓口となり、利用者・保護者からの苦情・要望を受け付け、それを苦情受付担当者が集約する形をとりました。そして集約した結果を第3者委員会にて報告しました。苦情総数は8件でした。内容は、情報伝達の不備と職員の対応に対する不満となっています。苦情要望の内容別件数・事業別件数は下表の通りとなります。

実績報告
(1)第三者委員会の開催状況
1回目平成26年8月10日 状況の報告他
2回目平成27年1月10日 状況の報告他

(2)事業別苦情受付件数(別表①)

事業名 利用者 保護者 その他 合計
自立訓練 就労サポートリーブ 0 0 0 0
就労移行 0 0 0 0
就労継続B型 0 0 0 0
就労継続A型 リーブカンパニー 0 0 0 0
共同生活援助 グループホーム包括型 4 2 0 6
相談支援事業 リーベル 0 0 0 0
余暇活動 0 0 2 2
合計 4 2 2 8

(3)苦情受付内容別件数(別表②)

苦情の内容 件数
職員の対応に関する事 4
支援内容に関する事 0
情報伝達の不備 0
説明不足 4
その他 0
合  計 8